様々な種類のドアキー!それぞれの特徴と防犯性

犯罪防止対策を行う際、最初に頭に浮かぶのは「重要」ではありませんか?

しかし、現代の鍵は多様化しており、どちらが良いのかわかりません!

私は助けを必要とする多くの人がいると思います。

この問題では、様々な目的に応じてキーの種類とドアの選択方法を紹介します。

キーを選ぶことを心配している人はそれを参照してください。

ディスクシリンダーはピッキングに弱いですか?

あなたはキー「ディスクシリンダ」を知っていますか?

ディスク円柱はキー部分がギザギザのキーです。

一般的に使われているキーの形なので、それを使っている人がたくさんいます。

このディスクシリンダーキーは広く普及していますが、ピッキングや掻き傷などの誤ったロックには弱く、防犯性能が低いことが分かります。

簡単に言えば、困難な技術や作業をすることなくロックを解除できます。

ディスクシリンダーキーを開けるには約5分かかります。

最近の家ではめったに使用されていないようですが、老朽化し​​た家の場合は、ディスクシリンダータイプの鍵を取り付ける必要があります。

あなたのホームキーがディスクシリンダーの場合は、キーを交換することを強くお勧めします。

それをより高い防犯性能を持つキーに置き換え、重要な家を鳥の巣から守りましょう。

ドアのキーの形状も「ピンタンブラーシリンダー」の形であります。

次の章では、ピンタンブラーシリンダーについて説明します。

類似しているが違う?

ピンタンブラーシリンダーとは

ピンタンブラーシリンダーは、ピンタンブラーと呼ばれるピン型タンブラーを備えたキーです。

ディスクシリンダーとは異なり、外観はキーのギザギザが片側にしかないということです。

ピンタンブラーキーは、ディスクシリンダーよりも強くピッキングするための鍵として開発されました。これもここでも一般的に配布されています。

しかし、多くの種類のドアキーであっても、セキュリティは高いとは言えません。

現在のホームキーがこのピンタンブラーシリンダーであっても、キー交換の取り付けや補助キーの取​​り付けなどの処置を行うことをおすすめします。

これは防犯です!

ディンプルシリンダーについて

「さて、どのような鍵を決めたらいいの?」
疑問に思う人には、「ディンプルシリンダーキー」がおすすめです。

ディンプルシリンダーキーの特徴は、キーの表面に窪みがあることです。

このキーは、上記の2つのキーよりも誤ったロック率が圧倒的に低く、防犯性能の高いキーです。

ピッキングだけでなく、複雑な構造による複製の難しさもあります。

また、鳥の巣は、あらかじめ侵入している家を見直すことであると言われています。

その時、このディンプルシリンダーが形成された時点であきらめてしまう空のハイブが多いようです。

様々な機能を備えた電子ロックを紹介しています!

これまでに紹介した3つのキーは一般家庭で一般的ですが、それ以外にもさまざまなキータイプがあります。

最近、デジタルを利用した多くの鍵が登場しています。

ここでは、ドアを保護するためのキーの種類を紹介します。

○PIN番号式

パスワード番号式のキーは、ボタンなどで数字を入力することで解除されます。

タッチパネルで操作できるものもあれば、ダイヤル操作でロックが解除されているものもあります。

このキーのメリットは、キーを持ち歩く労力を節約できることです。

ただし、PINを忘れてしまった場合は、鍵を開くことができませんので、鍵を忘れないように注意してください。

カードの種類

カードタイプのキーは文字どおりカードのロックを解除する方法です。

それは “カード式”と言われても、方法は様々で、カードを持ってロックを解除するものや、カードを挿入してロックを解除するものがあります。

この方法は、ピッキングなどの不適切な錠剤の損傷に対処するのが難しいため、最近はマンションやオフィスで頻繁に採用されています。

ただし、カードなので持ち運びは簡単ですが落とし易いという欠点がありますので慎重に持ち歩いてください。

〇指紋(生体認証)式

生態学的証明によって解錠されるこの方法は、犯罪に対する安全性を鍵としており、個人識別番号式のように鍵を運ぶ必要はないというメリットがあります。

これは企業の建物や銀行でよく使われる方法ですが、高額で一般家庭に導入するのは難しいかもしれません。

リモートコントロール式

車のキーなどでよく使用される方法です。

ボタンを押すことでドアロックを開閉することができます。

基本的には、ボタン電池で動作するものがたくさんあるので、電池がなくなると交換する必要があります。

また最近では、スマートキーを持っていれば近づけばロックを解除するキーもあるので、非常に便利です。

まとめ

今回は、ドアの鍵の種類について紹介しました。

現在、犯罪防止の低いキーを使用している人は、家の安全のために鍵を交換することをお勧めします。

特に推奨キーはディンプルキーです。

ディンプルキーは構造が複雑であるため、ピッキングに対する強い鍵として知られています。

また、パスワード番号式、カードタイプ、指紋認証タイプなどの電子ロックが普及し始めています。

それぞれに長所と短所がありますので、慎重に考えてみましょう。

また、自分で鍵を交換する方法もありますが、仕事に慣れていない人に業者に相談してみませんか?

関連記事

ページの先頭へ